K9ナチュラル





こだわり


K9ナチュラルは、100%ナチュラルで、完全に穀類を含まない「食事」です。
徹底した安全基準を設けるニュージーランド政府の厳しい基準をクリアした、新鮮で高品質な自然食材(人間食用)を使用。
人工の香料・着色料・保存料・栄養 添加物(サプリメント)などを一切使わず、自然食材だけで犬にとって最適な栄養バランスを追求し、愛犬のための「新しい食事」として完成させました。


K9ナチュラルに含まれる自然食材は、特別なものはありません。
新鮮な動物(子羊、鹿、牛)の生肉、血、粉砕骨、内臓(心臓、レバー、腎臓、グリー ントライプ)、新鮮な季節の野菜と果物、新鮮な卵、ニュージーランド緑イ貝。
これらはすべて人間食用のものを使用し、すべてニュージーランド産です。

その自然食材にできるだけ手を加えずにフレッシュ(新鮮、生)な状態で、栄養が最適バランスになるように作られ、そのままフリーズドライ加工(真空凍結乾燥技術)されています(*加工工場を通じてトレーサビリティ(追跡調査)を確立。食の安全には万全を期しています)。
加熱処理を一切行わず、「作りたての生食」を皆様のお手元へお届けしているのです。


私たちのフリーズドライ加工の生食は、冷蔵庫の必要もなく、お出かけの際もかさばらずに手軽に持ち運びができます。
お水かぬるま湯(37度以下)を加えるだけで簡単に、フレッシュな生の食事を与えることができます。




食性に基づいた理想的な食事








なぜ、犬の食事には「生食(Raw Food Diet ローフード ダイエット)」がいいのでしょうか?
初めて「生食」という言葉を耳にした方の中には、「生のまま食べて大丈夫?」「お腹を壊したりしないの?」と、驚かれる方も多いかと思います。
しかし、オオカミから進化した犬が野生だった頃は、自ら狩りをして得た生肉を食べていたのです。
犬の消化器官は、肉食獣特有のもので腸が短く、穀物などの炭水化物の消化は苦手です。
また、熱加工した食材は消化されにくく、腸内でガスが発生したり腐敗したりして、からだに負担をかけることになります。


したがって、消化しにくい穀物を含まず、肉食獣本来の食事である動物の肉や骨などを生で食べることは、消化・吸収しやすいうえに、熱に弱い栄養素や消化酵素など健康維持に欠かせない成分もしっかり補える、犬にとっては最高の食べ方なのです。
中でも、生肉に多く含まれるプロバイオティクス(犬のからだに良い影響を与える微生物)や消化酵素には、動物が本来持っている体調調整機能を最大限に引き出し、腸内環境を整え、消化吸収を助けたり、免疫力を高めたりする効果があります。
他にも、新鮮な旬の野菜や果物、卵なども、含まれている豊富なビタミンやミネラル、腸内の消化に役立つ消化酵素などが熱で損なわれることがないよう、フレッシュ(生・非加熱)な状態で摂ることが重要です。


多くの獣医師の方々もこの考え方に共感され、生食を推奨される先生が増えています。

生食(Raw Food Diet)の効用


排泄物のニオイが減り、小さくて硬めの便になった(飼い主の方が拾いやすい)
健康的な皮膚と艶のある美しい毛並みになった
皮膚に関するトラブルが減少した(アレルギーなどの皮膚疾患は、主に穀物が原因といわれています)
歯垢がつきにくくなり、口臭が軽減した
きれいに引き締まった筋肉がつくられ、スタイルがよくなった
効果的な体重コントロールができた
より元気になり、行動が敏捷(びんしょう)になった
性格が落ち着いて、穏やかになった
・・・等


他にも、治療を尽くしても治らなかった重症の皮膚アレルギーが治まったというケースや、衰弱の激しかったシニア犬が元気に歩けるようになったというケースなどがあります。





フリーズドライ


フリーズドライ(真空凍結乾燥技術)とは、凍結した状態で乾燥させる方法で、熱を加えず水分を取り除くため、栄養や素材の香りをフレッシュな状態で 維持したまま、常温で何年間も保存することができます。
また、限られた保管場所でもスペースをあまり取らずに済み、お水やお湯を加えると元の状態に戻すことができます。


フリーズドライの良い点

非加熱加工なので、風味、香り、栄養素はそのまま

常温で保存可能(冷凍保存の必要がありません)

軽くて持ち運びに便利(お水やお湯があれば、愛犬に栄養たっぷりの生食を与えることができます)

保存や輸送に冷凍する必要がないため、CO2の排出を削減できる

長期保存できる(2年間)(非常食としてもご利用いただけます)



フリーズドライフリーズドライ製法は、まず最初に食品を水が凍る氷点よりはるか低温で凍らせます。
この時点で、食品の内部に含まれるすべての水分は凍り、硬い水晶のように 変化します。果物や野菜、肉などの分子構造は変わらず、水分が固体の状態になります。

次に、冷凍された食品は、真空状態にするための部屋に移され、空気を抜かれます。
すると、硬く凍った水分(氷)は直接、気体(ガス)に変化します。(この過程を“昇華”といいます)
水分が昇華して脱水された固体の食品ができます。


フリーズドライ製法は、他の熱を使った脱水法と比べ、物質にもたらすダメージを最小限に食い止めます。
フリーズドライした物質は、サイズが小さくなったり、 物質が乾燥することによって、硬くなったりしません。
そして、風味、香り、栄養素は一般的に変わらず、食品を保存するためにはとても有効な製法といえま す。





商品一覧


皮膚病にも


フード
ラム ベニソン ビーフ チキン
生食フリーズドライ ラム / k9Natural
ヘルシーなラム肉
体を温めてくれます

生食フリーズドライ ベニソン / k9Natural
一番人気のシカ肉
栄養もダイエットも

生食フリーズドライ ビーフ / k9Natural
クセがない牛肉
カロリーをしっかり摂取

生食フリーズドライ チキン / k9Natural
食べやすい鶏肉
タンパク質を効率よく

トッピングトリーツ
グリーントライプ ラム・トリーツ ベニソン・トリーツ グリーンマッスル
生食フリーズドライ グリーントライプ / k9Natural
この色、この香りが、お腹にいい証拠です

トリーツ ラム / k9Natural
お肉100%がうれしい、ラム肉のトリーツ

トリーツ ベニソン / k9Natural
ちょっと贅沢な、シカ肉100%のトリーツ

トリーツ グリーンマッスル / k9Natural
緑イ貝は栄養満点、良い仔のサプリメント







給与量


フードに同梱されている計量スプーン(すりきり1杯=約15g)をご利用いただくか、スケールを使って、毎回計りましょう。
成犬の標準的な1日の給与量は、水で戻した状態の量が、体重の3%としてます。

種類 犬の体重(kg) フードの量(g) 計量スプーン(杯) 戻すのに
必要な水の量(ml)
小型犬 1 7.5 0.5 22.5
2 15 1 45
3 22.5 1.5 67.5
4 30 2 90
中型犬 5 37.5 2.5 112.5
10 75 5 225
15 112.5 7.5 337.5
20 150 10 450
大型犬 25 187.5 12.5 562.5
30 225 15 675
35 262.5 17.5 787.5
40 300 20 900


状態に応じて調節してください


健康な成犬: 1日あたり体重の2%〜4%の量。(標準は3%)
太り過ぎな成犬: 1日あたり体重の2%の量を健康的な体重になるまで。
仔犬: 1日あたり体重の8%〜12%の量。これを生後6ヶ月になるまで、3回に分けて与えましょう。
  生後12ヶ月までに、少しずつ量を減らしながら、体重の3%になるようにします。
妊娠中または授乳中: 1日あたり体重の6%〜8%の量。
シニア犬: 1日あたり体重の2%〜3%の量。





与え方


愛犬の体重をはかり、給与量ガイドに従って、愛犬の適正な、給与量を調べましょう。 同梱の計量スプーンやカップまたは、スケール(はかり)を使い愛犬の給与量分のK9ナチュラルフリーズドライフードを食器に入れます。子犬やシニア犬の場合は、特にこの時点であらかじめ粒を細かく砕いておくことをお勧めします。 給与量ガイドに従った分量のお水、またはぬるま湯(37度以下)を加えて、かき混ぜ、できあがり。 新鮮な生食と同様の栄養や酵素、水分を摂ることが、できます。


切り替え方


現在、日本でのドッグフードの切り替えについては、少しずつ混ぜて1週間 〜 10日ほどかけて変更していく方法を推薦していますが、ニュージランドの本社からは、今までのフードを最後に与えた後、12時間経ってから、一気にK9ナチュラルに切り替えていただくことをお薦めし ています。
K9ナチュラルは、一般のドライフードよりも消化しやすい食事ですので、一度に切り替えても心配ありません。
逆に、これまでのフードにK9ナチュラルを混ぜて、少しずつ慣らしていく方法ですと、あなたの愛犬に適量のK9ナチュラルを与えることがむずかしくなり、消化に負担をかける原因になりやすいと考えております。
この方法で問題があったという報告は受けていませんが、最終的なご判断は、飼主であるオーナーの方にお願いいたします。





原材料


全ての原材料は人が食べれる食品です


ニュージーランド


ニュージーランド発の「K9ナチュラル」は、犬が自然界で本来食べていた加工されていない食べ物に注目し、本当に必要な栄養を可能な限り自然な状態で提供する、愛犬のためのナチュラルフードです。
ニュージーランドではBSEや口蹄疫は発生しておらず(2013年5月現在)、原子力発電所も無いため、広々とした土地で育つフリーレンジの食肉には土壌汚染の心配もありません。
最高の「生食」そのままの栄養価を、フリーズドライ製法で2年間保存できます。


犬の消化器の働きは、人間よりもずっと速く、バクテリアも体内で悪さをする前に外に排出されます。
しかし、犬の腸の短さを考えると、食事には体内で早く消 化・吸収されるものが求められます。
オオカミの食事は、栄養が豊富で、消化されやすい新鮮な肉が主体です。


肉以外にも、その昔、野生動物として犬が食べたであろう消化しやすい食べ物(草葉、種、果実など)の代わりとなる野菜や果物なども栄養バランスを考え、すべてフレッシュ(生・非加熱)で配合しています。
これらシンプルでナチュラルな肉類中心の食事は、愛犬が「本能で求める」究極の食事といえるでしょう。


新鮮な家畜(子羊、牛、鹿)の肉・骨・血・内臓


K9ナチュラルのドッグフードの85%以上は、家畜の肉類(生肉、粉砕骨、血、少量の内臓)からつくられています。
ニュージーランドの肥沃な大地で 放牧されて育った健康な家畜だけを使っています。
これらの肉類には、成長ホルモン剤、抗生物質、サプリメントなどや、病気で死んだ家畜や衰弱した家畜、廃棄部分(ヒヅメ、尻尾、鼻など)も一切使用していません。


家畜の新鮮な血からは、豊富な鉄分やミネラルが摂取できます。

粉砕骨からは、人間と比べて大量に必要とされるカルシウムを十分に摂取できます。(カルシウムの不足は、骨粗鬆症につながったり、体の成長を遅らせたり、虫歯になりやすくなります)

少量の内臓、特に、心臓、レバー、腎臓、グリーントライプ(草食動物の第4胃のこと、未消化の草なども含まれプロバイオティクス〔犬のからだに良 い影響を与える微生物〕、消化酵素、乳酸菌が大量に含まれる)からは、肉食獣である犬が必要とする重要な栄養を摂ることができます。



新鮮な野菜と果物


農業先進国として知られるニュージーランドは、政府による管理基準も厳しく、農作物のクオリティの高さや信頼性は世界中から評価されています。
K9ナチュ ラルのドッグフードに約10%含まれる新鮮な野菜と果物からは、犬が必要とする適量の炭水化物と、必要なすべてのビタミンを摂ることができます。
ブ ロッコリー、カリフラワー、シルバービート(ニュージーランドでポピュラーな葉野菜。βカロチン、ビタミンC、Kが豊富)、キャベツ、 りんご、洋なしを使っています。


新鮮な卵


犬の祖先オオカミたちは、ハンターですが、もし、自然界で卵を見つけたら、夢中でむさぼり食うことでしょう。
卵には、タンパク質、葉酸、鉄、リン、亜鉛、ビタミンA 、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンBが豊富に含まれおり、犬が自然界で得ていた様々な栄養素を補うものです。


ニュージーランド緑イ貝


自然界には、犬のあらゆる病気を治す物が存在すると信じています。
その1つとして、ニュージーランド緑イ貝(別名ニュージーランドグリーンシェルムール貝)が挙げられます。
ニュージーランド緑イ貝は、その抗炎症作用の特性が世界で大きなニュースになったことでも知られています。

ニュージーランドのきれいな澄み切った海域にのみ生息するニュージーランド緑イ貝は、オメガ3脂肪酸、グルコサミン、コンドロイチン、ビタミンやミネラルを含む最高の自然栄養源の1つです。

関節炎に伴う刺激を和らげる利点が証明されています。(※ 2002 The American Society for Nutritional Sciences Improvement of Arthritic Signs in Dogs Fed Green-Lipped Mussel(Perna canaliculus)1,2)

含まれている栄養成分は、関節の健康維持のサポートをします。

犬に不可欠な自然に存在する栄養成分、鉄・マンガン・ヨウ素が豊富に含まれています。



ニュージーランド緑イ貝は、総合的に栄養バランスの取れたK9ナチュラルの全フードに含まれていますので、 愛犬が大好きな美味しい食事を楽しみながら、これらの栄養素をきちんと摂ることができます。



パーセンテージ
Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る